img

賃貸事務所を検索する時に有効な方法を考えてみませんか

img賃貸事務所を検索する時に有効な方法を考えてみませんか。希望の立地や賃借料、坪単価、坪数などいろいろな切り口で検索可能なのが近頃の事務所選びです。第一ステップとして、あなたがなによりも優先する条件から検索をして行きましょう。この時のコツとして、条件の設定を少しゆるめに検索すると、予想以上の好物件が見つかることが散見されます。具体例を挙げると、家賃の金額を少しだけ多く設定して検索する方法があります。そこから徐々に条件の詳細を増やしていくことで希望を叶える賃貸事務所を探し当てられるでしょう。

事務所にかかる始めの費用にはどんなコストがあるか見てみましょう。礼金や敷金、頭金・仲介料手数料については通常の賃貸マンションなどと変わりません。事務所に特有の初期費用としては同じビルの他のテナントや建物の所有者に損害を与えた場合を対象とする損害保険や賃料延滞に対する賃貸保証料などの費用が挙げられます。そして、社名のプレートなど、エクステリアを取り付けるというケースではその外装費用も見込んでおきましょう。物件の大家によっては工事業者が決まっていたりするので確認が必要です。

事務所をお探しなら、断然築浅の賃貸物件にすべきでしょう。築浅の事務所は、防災や防犯の面でも最新式の装置が期待できますし、共有の装置も高機能で誰にとっても便利です。社員にとってスムーズに働けることは当然のこととして、取引先にとっても快適で他社より進んだ印象をインプットすることができますね。ビルのイメージというのは知らず知らずの内に企業イメージに影響を与えてしまうためです。家賃は少々割高になってしまいますが、成長度の高い企業が入居していることが多いので、活力に溢れた職場となるでしょう。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。